コロンブスは中古より新品がお得~!)  【

使っていないバッグなど、またチャレンジする予定です。傷によって水でのばしたりそのまま使用しました。スエードやヌバックは使えません。

こちらです!

2017年02月04日 ランキング上位商品↑

コロンブス )  【メール便対象商品】コロンブス(COLUMBUS)アドベース/25g (代引き不可)  【靴ケア用品】革靴・鞄・皮革/お手入れ【最安値に挑戦】

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

400番の紙やすりで削ってから!塗るようにと説明書が付属します。当方のオフロード用白ブーツはクタクタで使うのも恥ずかしく!捨てるしかない状態でした。新品は5〜8万円ですので、今更・・・と思いオフロード引退を考えました。また購入します。革のソファの修理では結構量を使い!買い足したりしました。この商品のお陰で!捨てるブーツを恥ずかしくない程度まで補修する事ができました。。また!可塑剤的な働きもあるようで!平らに均したはずのところが!乾く途中で腫れた様に膨らんだりで!何度かやり直しました。素人にしてはなかなか上手く直せて大満足です。調色が意外と大変なので星一個減らしました。サンドペーパーで整えることも出来るとのことですが傷とその周りを薄く均したところはサンドペーパーでは剥がれてきてしまいます。レザーハンドルを塗り替えようと購入。結構ブランドものだったので諦められなくて・・・。若干絵心(?)がないと難しいかと思いました。2週間ほど使用しましたがまだ破たんする様子もなく良い感じです。素人ですが!傷にうまく埋め込むことが!出来ました。25年前の車の皮シートが擦れと破れがあったので!アドベースとアドカラーを混ぜて修復してみました。個人的には縫っていけない部分をしっかりマスキングしてから始めた方がいいと思います。私の場合はベッタリ塗りすぎて!なんだか不自然になってしまいましたが!やり過ぎた場合はマニキュア除光液で薄く拭くと自然に見えるようになりました。自転車のサドルの直径4cmの傷補修用に購入しました。特に、混色したり広い面積の時は重ね塗りした方がカラーはムラが出にくかったです。結果は!遠目には全然恥ずかしくない!!でした。まだ使用してませんが、発送後中1日で届いたのでよかったです。浅い傷や擦り傷による色はげなどは、カラーと混ぜてもいいし、混ぜないでカラーだけでもいけました。最後にアドカラーだけで調色をして布につけて周囲になじませるようにやや広くかつ薄くつけて完成。ベージュの靴がお気に入りで傷と汚れが気になり始めました。ちょっと深い傷の対策には必需品ですアドカラーは粘りがなく流れるので無理ですアドベースは粘りがあり傷を埋めるのに便利です歩き方が悪いのか、靴のかかとの部分が擦れて革スニーカーのかかとに穴が開くことが多く、捨てるのももったいないのでこちらを利用して復活させることにしました。・革のひびなどにすりこみ少し盛り上がるようにし、よく乾燥させてペーパーやすりでみがき、カラーをのせると良い感じになります。カラーは何回かのせました。筆や指先などを使いました。捨てる前に1回チャレンジする価値はあります。ヘラで平らに仕上げるのは少し難しかったです。夏の休みに、補修してみます。だんだん上達します。大変満足しています。しかし、ひょっとしてこのクタクタのブーツが、何とかなれば??と思い購入し、リペアに挑戦しました。私はこれでしばらくお気に入りの靴をソールがダメになるまで履き続けようと思います。靴の傷を補修したかったので、色々調べて、はじめて、こちらの商品を購入しました。・大きな傷の修理は大量に使うので!大きいサイズがあるといいなと思いました。混ぜたときより乾いたときの色がその靴の色にならなくてはいけないので予想しながらです。上手な人なら多分新品近くまでリペアできるのではないでしょうか。どうなるか楽しみです。厚手のヌメ革(革の持ち手など)で古い物は、バリバリ固くなっていて、あまり上手くいかないようで諦めました。クリーム等で光沢を均一にすればジロジロ見ない限りは大丈夫です。その分を評価マイナス1で!★4つとしました。カードなどでならせば簡単です。カラーと混ぜて!ヒールの革のめくれたところを埋め!整えて!カラーで仕上げてみました。早速ですが、届きました。ヒールに引っかかったきずを修理したした。ちなみにあいた穴の大きさは4cmくらいで大きく口を開いていました(汗まず、穴の部分が広がらないようにコニシボンドG17をつけて固定して十分乾燥させたらアドベースとアドカラーを調色して混ぜて修復したい部分に何回かに分けて塗りました。クロのアドカラーと一緒に購入しましたがなくても問題なさそう!?よっぽど深い穴でなければアドカラーだけで充分です♪思っていたよりも安く購入出来て良かったです。・カラーを混ぜても使用できるので!修理箇所の様子でやり方を変えました。面積が広大なので、かなりの量が必要ですが、現役で通用する出来栄えになります。その靴の色の配合が難しいです。 プロのようにはなりませんが!アドべーズを使うと!仕上がりは遠目では違和感が少なく仕上がりました。近くのホームセンターにもなかなか売ってないので、通販でしかもメール便で送っていただけるので、助かります。